病院について 病院長あいさつ

病院長あいさつ

新病院長あいさつ

 このたび、令和2年4月1日より土岐市立総合病院はJA岐阜厚生連の指定管理により、「東濃中部医療センター 土岐市立総合病院」となり、私はセンター長兼病院長として赴任致しました。
 当地域の少子高齢化、人口減少は更に進み、医師の偏在は改善されず、医師不足は増々深刻となっています。県は地域医療構想を策定し、急性期、回復期、慢性期といった病床機能の見直しとベッド数削減を求め、昨年9月には再編統合が望ましい病院の公表を行いました。それ以前より、医師確保の観点から派遣元である大学医局より、土岐市立総合病院と東濃厚生病院への同時派遣は困難であり、統合・集約化の必要性が求められておりました。また、土岐市立総合病院は医師の減少が止まらず赤字経営が続いており、東濃厚生病院は人口減少により将来の病床維持が困難になると予想されており、この様な医療環境により統合は必須と考えられました。
 このような中、JA岐阜厚生連から土岐市に対し、将来の一病院化の前段階として、JA岐阜厚生連が土岐市立総合病院の指定管理者となり、東濃厚生病院との経営主体を一本化することで、この地域の医療提供体制の維持強化を図ることを提案し、指定管理の運びとなりました。
 従来の指定管理は経営形態を変えて存続を維持するものでありますが、今回はあくまで統合までの一つのプロセスであり、できる限り早期の統合が必要と考えられます。この間の地域医療の維持のため両病院でのネットワークを強化し、人事交流、機能分化を図り、土岐医師会とも連携を取り、地域内での医療の完結を図るべく努力していく所存です。
 一病院化することで大学医局からの更なるバックアップが可能となり、医療体制の充実により医療の高度化、質の向上を図り、地域医療の中核として地域の皆様の健康を維持し、安心して暮らせるよう地域医療を支えてまいります。
 統合までの間の当地域の医療を維持すべく最善を尽くしますので、暫くの間、多少のご不便をおかけするかもしれませんが、何卒ご理解とご支援を賜ります様お願い申し上げます。

 

東濃中部医療センター センター長
        兼 土岐市立総合病院長
        塚本 英人

 


診療体制、各種お問合せや採用に関することなどはこちらのお問合せをご利用ください