看護部 部署紹介

部署紹介

 

2B病棟

2B病棟は、脳神経外科・小児科をメインとした病棟です。
脳神経外科においては、脳虚血疾患に対して、超急性期からリハビリテーションが必要な回復期まで、幅広く看護を展開しています。また、他職腫と常に連携しながら社会復帰に向けた支援をしています。

小児科においては、0歳から15歳のお子様に対して、病気や成長に応じた看護を行っています。入院中は、安全で安心できる入院生活の環境になるよう努めています。

 

 

3B病棟

3B病棟は、整形外科、眼科、リウマチ・アレルギー科、内科の病棟です。急性期から慢性期まで幅広い疾患の患者さんの入院に対応しています。整形外科手術後は、理学療法士・作業療法士と連携を取りながら、個々の患者さんの自立度に合わせた訓練を病棟で行っています。眼科は、主に白内障の手術を1泊2日の入院で対応しています。ご高齢の方も多く入院されているため、退院後は安心して生活していただけるように、地域医療連携室と協力し、介護サービスの調整を行っています。


 

4B病棟

4B病棟は、血液内科、外科、整形外科、リウマチ・アレルギー科の混合病棟です。男性スタッフも多く、ベテランから新人まで声を掛け合いチームワークもとれています。心のこもった看護で患者様が安全で安心な入院生活が送れるように、医師やその他の医療スタッフと協働していきます。

 

 

5A病棟

5A病棟は、地域包括ケア病棟です。骨折後や脳卒中後の患者さんや、長期臥床によってADLが低下した患者さんに対して、リハビリテーションや在宅での生活に向けての支援を行っています。リハビリ室での訓練の他にも病棟では、看護師による機能訓練やリハビリ体操、遊びを取り入れたレクリエーション「遊びリテーション」を行っています。リハビリスタッフや社会福祉士、ケアマネージャーなどとカンファレンスを行い、患者さんや家族の方が安心して退院できるようにスタッフ一同で取り組んでいます。

 

 

外来

当院は、近隣住民の皆様にご利用いただいている地域に根ざした病院です。外来は、内科・整形外科・小児科・耳鼻咽喉科・眼科・婦人科・脳神経外科・脳神経内科・泌尿器科・歯科・精神科・皮膚科・腎臓内科などの他、外来化学療法室、人間ドックもあります。24時間体制の救急外来により、地域住民の生命と生活が支えられるよう努めています。スタッフ一同で「思いやりのある看護」が提供できるよう、また安全に診療・検査・処置が受けていただけるよう頑張っています。認定看護師によるがん緩和ケアやストマ外来、専門の資格を持った看護師によるリウマチ療養指導、糖尿病療養指導も行っています。


 

 

中央材料手術・中央放射線内視鏡室

私たちは、中央材料手術室と中央放射線内視鏡室の2カ所の部署を担当しています。どちらも「安全」「安楽」「安心」を提供できるよう、医師、臨床工学技士、放射線技師などの他職種とも協力し、チーム一丸となって取り組んでいます。皆様に安心して手術や検査を受けていただけるよう、術前術後訪問を実施しています。

また、24時間体制で、緊急の手術にも対応しています。

 

 

 

透析室

透析室のスタッフは、医師・看護師・臨床工学技士です。主に透析導入期から維持期の患者さんへの治療やエンドトキシン吸着などの治療を行ってます。透析を受ける患者さんが、自立して生活できることをめざし、療養指導を行います。休日や夜間でも緊急透析ができるように体制を整えています。また、院内の人工呼吸器や輸液ポンプ、シリンジポンプなどのME機器が安全に使用できるように、集中管理をしています。

 

 

 

訪問看護ステーション

土岐市内で3番目の訪問看護ステーションとして、平成31年4月に開設しました。私たちは、『在宅で療養をされる方、その御家族に寄り添い、最期までその人らしい生活が送れるように、医療と看護・介護・福祉を繋いでいきます。』という理念のもと、経験が豊かな4名の看護師と事務員1名で、24時間365日いつでも対応できるように頑張っています。また、隣接している土岐市立総合病院には縟瘡・スキントラブルやがんなどの痛み、糖尿病、嚥下障害に関する専門的な知識を持った看護師が在籍していますので、その看護師達と連携しながら在宅看護を提供していきます。

 


診療体制、各種お問合せや採用に関することなどはこちらのお問合せをご利用ください