部門について 中央放射線部

乳房撮影検査

 

乳房撮影検査とは
  • マンモグラフィは乳房のX線撮影のことです。
  • 撮影は乳房専用の撮影装置を使用します。
  • 撮影は上半身を脱いだ状態で行います。
  • より診断しやすい写真を撮るため、乳房を圧迫して撮影します。圧迫による痛みを感じる場合があります。
  • 撮影にかかる時間は更衣から撮影終了まで10分程度です。

マンモグラフィ装置を更新しました。

1. 撮影後の画像確認が速くなりました。
   撮影後、瞬時に撮影画像を確認できます。
2. 乳房支持台の構造が変わり、患者様に触れる部分の不快感が軽減されました。
3. 比較読影が容易になりました。
   モニタ診断になり過去画像と同時に表示できるようになりました。
4. 画像表示機能(白黒反転・石灰化強調処理など)が充実し、病変の描出能が向上しました。
5. 被ばく線量が最大30%軽減され、画質も向上しました。
6. 従来の機器と比較し安定した画像を提供できます。

 



検査の流れ
  1. 診察後に、中央放射線部で受付します。
  2. 両方の乳房をそれぞれ2方向から撮影します。
  3. 技師が写真を確認して終了ですが、追加の撮影があれば適時撮影します。

 検査時間は10分程度です

 

 

注意事項
  • X線撮影ですので、妊娠中や妊娠の可能性がある方は、必ず申し出てください。
  • 豊胸手術をされている方は、必ずお知らせください。
  • 脇の下から台に挟みますので、汗や制汗剤等を拭きとってください。
  • 機械で乳房の広い範囲を強く圧迫しますので、多少の痛みを伴います。

 

 

よくある質問

Q1 どのくらい痛いの?
A2 人により異なりますが、排卵から月経前までは痛みを強く感じます。月経開始後1週間くらいしてからが、検査時期として望ましいと思われます。

Q2 どうして圧迫しなければいけないの?
A2 乳房を圧迫しながら薄く均等に広げます。こうすることによって、少ないX線の量で乳房の中をより鮮明に見ることができます。圧迫したからといって、がんが飛び散ることはありません。

Q3 乳がんの検診はマンモグラフィだけでいい?
A3 マンモグラフィだけでは見つけにくい病変もあるので、超音波の検査も併せて受けることをお勧めします。

 

 

お問い合わせ
総合病院
電話:0572-55-2111
E-Mail:byoin@city.toki.lg.jp

診療体制、各種お問合せや採用に関することなどはこちらのお問合せをご利用ください